光るギター! Lightshow 

リッケンバッカー、モデル331Lightshow、通称リッケンバッカーネオン
1970〜75年あたりで製造され、財津和夫氏が40周年のステージで使ったらしい。

ほとんど日本では販売されなかった様で、流通している中古も百数十万以上するらしい。
なんとかレプリカできないかと相談を受け
今どきのパーツを使い、さらに使いやすくバージョンアップして作成してみた!

  
オリジナルLightshow、ピッキングに合わせてボディに仕込んだ電球が光るギター。


オリジナルはピッキングしたとき、低音弦で青系、高音弦で赤系の豆電球が光る様だ。

(IKEBE楽器さんのHPより)

普通に考えると、

豆電球では耐久性が低く、実際に6弦側ウイングが点灯しないYoutube画像もある。
今どきのパーツで再設計をしてみた。

低信頼性の豆電球・11個  高輝度LED・35個
入手困難なパール柄アクリル  光が綺麗に拡散するダイヤカット
別電源ユニット  LED化の恩恵で9V電池内臓
低音弦高音弦で色を変える  ピッキングの強さで色を変え、広がる演出

回路は、ジャックから信号を分岐し、
ブースター → VU回路(いわゆるレベルメーター) → スイッチングトランジスタ → 高輝度LED
の順に構成する。
ブースターは4558オペアンプを使った、単独でエフェクターにできる回路。
VUはキット販売している5素子タイプ、ただ、そのままでは高輝度LEDの電流に耐えないので
トランジスタでスイッチング。トランジスタ以降はオリジナル回路。

ベースとなるギターは331とほぼ同形状の330
ホローボディなのでくり抜いて回路を組み、テールピース位置のボディバックに
穴をあけ、9V電池のボックスを2つ仕込み蓋を装着

おおよそそんな構成だ。

  ボディくり抜きの前に、サイドウォールがどこまであるのか確認し、
マスキングテープ上でマーキング。
くり抜き範囲を決定したら、2mmドリルでミシン目を入れる
ミシン目の拡大。
なんだかんだ言って、大掛かりな工作機械が無いのであれば
多分この方法が一番早いと思う。
くり抜き完了
回路を作成、動作確認をする。
左のグリーン基板がVU回路、
右のICがオペアンプ、中間に5つあるのがスイッチング用の
トランジスタ。
下の青、白、緑、黄色、赤、のケーブルがLEDに伸びる。

なお、LEDはピッキングの強さに比例し、
青→青→緑→黄色→赤
の順に点灯する。
基板裏面。
ユニバーサル基板のランドが小さくあてにならないので
部品リードを直接ハンダでつなぎ、場所固定として基板の
ランドを使う。
振動や落下衝撃でランドが剥がれても、回路自体は断裂
しない信頼性重視の方法だ。
また、基板内をジャンパーさせるワイヤーも一切使っていない。
基板をボディに固定。こちらは6弦側ウイング
こちらは1弦側ウイング。
コントロールに近いので、こちらにブースターが付く。
LEDを固定するMDF板。3ミリ厚。
LEDが外れない様、LED直後のワイヤーはMDF板に縛り付ける。
なお、色配置が変更可能なようにLEDワイヤーはどこでも届く
様にしている。
強いて欠点を言うと、LEDワイヤーが太くて取り回ししにくい。
ここは1ランク太さを落としても良かった。

いかに大変な配線だったのかを伝えたかった。
MDF板は表面にアルミホイルを貼り、
あえて光の拡散を助ける様にシワを付けている。
小さなポットが見えているが、これがブースターのゲイン調整。
つまり、LEDの感度を調整するためのポットだ
こちらが全点灯状態。
ピッキングの強さに応じ、光が中心から外に広がる!

オリジナルのアクリル固定はビスが少ない。
熱を発する電球の真上にあるアクリルで変形を心配していない
のが不思議だ
こちらはLEDではあるが、衝撃に弱いアクリルを助けるため
固定箇所を増やしている

なお、
この撮影後にライトショーの電源スイッチ横に
電源インジケータを追加した。
写真ではなかなか伝わらないので
Youtubeにアップしました。